無担保・無保証人750万円融資情報

『はじめに・・・』
戦後最大の不況に直面して、お金不足の悩みが深刻です。
然しお金という不思議な生物?は、ある所には腐るほどある反面、
多くの人たちがたとえば1万円を作るのに四苦八苦する事も事実です。
使う時の1万円の早さと言ったら、瞬く間に消え去ります。
前置きはさておき、最近のお金の最も欲しい人の年代は30~50代、
多かれ少なかれ消費者金融、信販系、銀行系、又は質屋さんなどから
借入れがあり、苦しみながらなんとか返済しつづけるタイプと口喧しい
業者には返済するものの比較的おだやかな追及の業者には一日延ばしに
返済日を延ばしつづけるタイプとがあります。いずれも遅れたら大変。
借用証書に遅延損害金の文字が大きな顔でふんぞり返っているのです。
————————-★———————–
『ブラックリスト者に救いはあるか!』
いわゆるブラックリスト(件数5~8件以上)者はまずしっかりした保証人、
又は担保がない限り、新規借入れは無理です。
三流新聞の広告には(借入れ15件までOK!コンピューター審査ナシ、
当社独自の査定、低金利で一本化して楽になりましょう)といった
弱者にとって、誠に美味しい広告が氾濫しています。
又、(シルバーローン75歳までOK!)という通常60歳過ぎたら、
まず絶望の年代に甘い囁きの広告もみられます。
その多くは、申し込むと電話審査で、借入れ何件あるか?年収は?
年は?干支は?・・・ETCと身ぐるみ裸にされる情報を聴取されたあげく、
30分後に再TELしなさい・・・と言われ、
来社を強要されます。だが、やっと訊ねて申込み書に記入したとしても、
先記の借入れがある場合、大部分の答えは〝NO〟です。
電車費用と時間が無駄になり、ため息をつきながら駅前で300円の立食い
そばでも食べて、家路をたどるパターンがなんと多い事でしょうか?
————————-★———————–
『美味しい話はない!』
考えてみなさい。法治国家、そして出資金法等で規制されるわが国に低金利
で、まして借入れ15件までOK!低金利一本化など実際あり得ません。
あるとしたら裏に何かがあるのです。
悪質業者(一部に正規登録者にも存在する)の見分け方は次の項目をご覧
ください。
そして借入れ6件を超すと多かれ少なかれ支払い遅延が起ってきます。
事故暦ゼロの者はほとんどいないでしょう。だが、見離された者にとって、
わらにもすがりたい気持ちから騙されるケースが増え続けている事も現実
です。
————————-★———————–
『サラ金利用の方へ』
東京都貸金業協会の例を話しますが(他県も同じ)、都の指導により厳しい
自主規制を設けており、法律違反の場合(例・出資法違反など)、刑事告訴・
取り消しなどで処罰されます。以下に自主規制の要約を列記致しますので、
よろしかったら参考にして下さい。
■取り立て催促
貸金業者は債務者、保証人に対し暴力的な態度、大声をあげる事、
■乱暴な言動、大人数で押し掛けしてはならない。
■訪問・電報
業者は正当な理由なく、午後9時から午前8時まで、その他不適当な
時間に電話で連絡し、又は電報を送達し、又は訪問する事。
■いやがらせ
反復または継続して電話で連絡し、訪問または張り紙、落書き、その他
いかなる手段であるかを問わず、債務者の借入れに関する事実、その他
■プライバシーに関する事項をあからさまにする事。
■誇大広告の禁止
① 低金利の我社にまとめてみませんか
② 超低利、低利最低、どこより安い
③ 2分の1のお利息
④ 通常利息年○○%以下
⑤ 3分で融資
⑥ 低利で融資中
⑦ ○○ローン今月に限り無条件融資
⑧ ○○ローン特別低利融資実施中
⑨ 当社で一本化
⑩ どこよりも簡単
⑪ ○○記念特別融資中
⑫ 他店利用者大歓迎
⑬ 他店利用件数は問題ではありません
⑭ 多額借入中の方も
⑮ 他店○○件以上でも可
⑯ 貸出窓口大幅拡大
・・・・・・ETC
ともかく、いわゆるブラックリストの者に対し、法廷金利以下で一本化して楽に
なりましょう・・・といっても、個々の小口の支払いに難儀している者が一本化に
よってまとまったお金を毎月長期に支払っていけるか?も大いに疑問を生じる
ところです。
中には15件までOK!なる広告(主に折込チラシ)も見られますが、甘い話は
ありませんので、十分気をつけてください。
————————-★———————–
『某社提案の資金調達法』
このサイトのお金の作り方は別記するとして某社が特定の人(個人あるいは
これから起業したいと考えていらっしゃる方、さらには中小企業の運転資金の
借入を検討中の方など)に配布した(開業資金調達マニュアル)にお金を作る
順番が面白くわかり易く書いてありましたので、Cマークもついていなかった為、
一部ご紹介いたします。
     (種類)  ①.出資   ②.融資   ③.助成金
  ①の出資は、その名の通り、知人でも誰からでも投資してもらう方法で、リスク

負わせる反面、儲かったら配当とか定額のマージンを支払う(約束していた
場合)などだが、不況の今、なかなか難しいケース
  ②の融資は、銀行などから借りる最も一般的な融資調達法で、金利も低い反面
世間を賑わしているように、貸し渋りの現在では、よほどの信用・担保がない
限り、これまた難しいのが現実

③の助成金は公的機関などから助成されるお金の事です。ひらたく言えば、
返さなくていいお金のことです。返さなくていいお金!魅力たっぷりのお金
ですが、条件の多くをクリヤーしなければなりません。時間もかかり、
長期的な資金計画が必要となる。
  (調達機関)
  資金調達の金融機関は主に民間系と政府系に大分類されます。民間系は
保証人とか返済期間も短く、審査も先記のように〝貸し渋り〟の今日、なか
なかうまくいかない。反面、政府系は担保や保証人の基準、返済期間に余裕
があるが、多少時間がかかる。
  (金融機関)
  民間=都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、他
政府系=国民金融公庫、環境衛生金融公庫、この他、県・市・区毎に
中小企業向けに数多くの融資制度があります。
(中小企業課に相談してみてください)
————————-★———————–
『なんにも無し!のお金作り』
担保も保証人も無いどころか、ふところに万札1枚といった人でもやる気、企画力、
行動力があれば、なんとか資金調達の方法があるにはある・・・といいますが・・。
①身内から調達
自己資金ゼロから始める人はまず身内に相談してみる。恥ずかしくてもこの際、
仕方ないと度胸一番アタック。この際例え親兄弟でも、借用書を軽視しない事。
市販の法令用紙には、金額・利息・返済開始の期日など明記してあるので、
大切に事を運ぶ。
②ベンチャーキャピタルより調達
身内に迷惑かけたくない、また内緒にしたい起業家にはお勧めの一つ。
ベンチャーキャピタル(VC)の場合、起業家が熱意と事業の成長性の審査に
かなえば、投資してくれるケースが多いので、まずは、事業計画・返済計画・
資金計画など、多少面倒くさい面があるものの、アタックしてみてはどうだろう。

ベンチャーキャピタル一覧(順不同)
・東京中小企業投資育成(他各地方にあり)
・日本合同ファイナンス
・日興キャピタル
・山一ファイナンス
・第一生命キャピタル
・朝日生命キャピタル
・ニッセイキャピタル
・明治生命キャピタル
・住銀ファイナンス
・さくらキャピタル
・ダイヤモンドキャピタル
・三和キャピタル
・横浜キャピタル
・スルガキャピタル
・千葉銀キャピタル
・マドックキャピタル
ジェイアイシー(パソナ)
③無担保の調達
例えば金融機関よりお金を借りるには担保と保証人がつきもの。然し、事業計画も
将来性も実行力も、あり余るほどあるものの、四畳半一つの賃貸アパートで社長を
目指す企業家に担保どころか質草すらない場合だってあるはず。
だったらどうすべきか?
通産省の外郭団体(VEC)では、20年前から、資金力の無いベンチャー企業に
債務保証を行なっているという。事業計画の審査が通れば、最高8,000万円の
範囲で、保証人になってくれるのだ。期間は8年、返済も同じ。
但し審査はかなりやっかい。パスできるのは年間で20件と狭き門。
④政府機関より調達
最も一般的なもので、例えば国民金融公庫の場合、500万円程度なら無担保でも
OKの反面、必要資金の半分は自己資金を用意する必要がある。しかし東京都の
場合、都以外でも区単位で開業資金・運転資金などを、無担保・無保証人で最高
2,000万円まで融資する制度があるので、コンタクトする必要があるだろう。
但し、これら公的資金借入の絶対的条件は、住民票所在地に、税金を支払った者
のみが適格者であるということにご注意あれ。
————————-★————————
『300万円なら商工ローンだ!』
多かれ少なかれ消費者金融を利用している人は多い。だが消費者金融の一応の基準
は、
年収の10%・50万までだから、それ以上欲しい場合、数社の利用しか手は無い。
まして6件以上の多重債務者ともなると新規に50万円以上の枠を取ることは絶望的
だろう。だが、どうしてもまとまったお金が欲しい、それも低利で・・と考えた場
合、
手が無くはない。それは、一部業者が行なっている、自営業者向けの〝商工ローン〟
の利用だろう。
通常のローンの場合、年率18%から39.78%だが、商工ローンだと最高が25.5%で、
多くはその以下だからかなりお得。ましてあなたが、仮に6件の利用があっても
有資格者とみなされるケースが多い。ネックは、保証人を1名立てなくてはいけない
事。
だが、担保も無し・他のサラ金利用もアウト・カードも限度額オーバー、といった
場合、頭の一つや二つ下げて、保証人になってもらう他、手はないはず。
このローンは、保証人になってくれる人そのものが、3~4件の債務者であっても
OK!だそうだから、アタックしてみては如何?
————————-★————————
『資金750万円の方策』
—–無担保・無保証人で審査も甘い—–
東京都の場合を例にとりますが、各地方でも同じ機関がありますので、条件は同じで
す。
都の場合の〝無担保・無保証人の融資制度〟は、数多くありますが、今回は条件が比
較的
ゆるく、必要書類さえクリアーできれば、ほぼ90%確実に実行可能な無担保・無保
証人
750万円の融資について紹介します。使途自由にて、独立開業または店舗改造・運

資金など用途は様々ですが、ただ一つの条件は、「納税証明書」が必要という事で
す。
税金をしっかりと払ってさえいれば問題ありません。
返済は半年据え置きで、返済期間は、設備資金の場合5年・運転資金は7年です。
年利は2.3%以下、むろん保証人・担保も不要です。
(この他にも、創業支援融資 最高3,000万円、
1年据え置き、設備9年、運転7年、年利2.8%以下、要保証人も
有り)
《民商に加入しよう!》
まず民商(各地区にある○○民主商工会の略)に加入しましょう。
加入すると、的確なアドバイスが受けられ、融資が100%実現出来るよう親切に指

してくれます。民商というと一般的に共産統系?と見られがちですが、大事なお金作

ですから、この際イデオロギーなどくそ食らえ!位の気持ちでアタックしましょう。
全国どこにでも民商はあります。加入資格は個人・法人問いません。
簡単な申込書に入会金5,000円を添え(月会費5,000円)で提出すればOK

同時に750万円融資の書類を貰い、何の必要書類が必要か、記入はどのようにする
のか等々びっくりする位親切に指導してくれるから不安感など一切ナシ。
町のサラ金業者や、銀行の高圧的感覚など、サラサラ感じさせないから嬉しい。
都の場合、東京信用保証協会に委託申込みとなるが、すでに他の保証協会の保証を
受けていてもOK!
申込みにあたっては、民商が同行手続きもしてくれるため安心だ。
資格は都内(他地区も同じ)に住所を有しており、原則として同一場所で同一事業を
引続き一年以上営んでいる個人と法人で
①資本の総額が一億円(小売サービス業なら3,000万円)以下の個人と法人
②常時使用する従業員が300人(小売サービス業なら50人、卸売りなら100
人)
以下の個人と法人
上記は、すでに事業を行なっている個人・法人であるが、新規に事業を興したい個人

法人の場合(開業資金制度融資)に申し込むてもある。
『2週間以内で融資』
最近個人的にサラ金に手を出したものの、何とか会社勤めより、自分の果てしない夢

現実をと、ダメ元の気持ちで、民商経由で開業資金500万円を申込み、2週間でO

のAさんの例もある。今まで、民商という存在は知ってはいたものの何となく抵抗感

あったものの利用して自分の夢が叶うなら利用しない手はない。
あえていうが当方は民商とは何の関係もないし、加入すらしていない。
ただ、銀行とか国金の場合は繁雑であるし、実行まで時間がかかる。
まして銀行など、創業融資を申し込んでも時間の無駄でしかない。
今回、情報購入されたあなたも、ただいたずらに嘆いているのではなく、明日にも
最寄の民商を訪問してみては如何ですか?
まず70%以上の確立で望みが叶うはずである。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る